GPA制度について

1. GPA(グレード・ポイント・アベレージ)制度とは

本学では、個々の学業成績を数値化して、学習到達度が客観的に把握できるよう、成績評定平均値(Grade Point Average ※以下GPA)制度を採用しています。



2. GPAの算出について

GPAは以下の式で算出します。
 
区分 評価 評点 GP値
合格 秀 (A) 100点〜90点 4
優 (B) 89点〜80点 3
良 (C) 79点〜70点 2
可 (D) 69点〜60点 1
不合格 不可(F) 59点以下 0

   GPA = (GP値×単位数)の総合計÷履修登録総単位数


GPAの算出例:

科目名

単位数

評価(GP)

ポイント数

哲学

2

(3)

2×3 = 6

法学概論

4

(2)

4×2 = 8

経済史入門

2

(4)

2×4 = 8

演習

2

(1)

2×1 = 2

英語

2

(4)

2×4 = 8

文化史

2

(2)

2×2 = 4

教職研究

1

(3)

1×3 = 3

日本芸能史

2

不可(0)

2×0 = 0

合計

(1) 17単位

 

(2) 39ポイント


   GPA=(1)÷(2) =39÷17 =2.29



3. GPAの活用について

  • GPAの最大値は4.00となっており、学生の目標設定や履修計画に役立ちます。
  • アカデミックアドバイザーは、GPAに基づいて履修指導を行います。
  • 卒業生総代の選出において、GPAを参考にしています。


※GPAはLiveCampusの成績原簿にて確認できます。
※GPAは本学奨学生選考基準とは異なります。

ページの先頭へ戻る