博物館学芸員資格取得のための課程

博物館学芸員資格取得のための課程
 
博物館は、歴史、芸術、民俗、産業、自然科学等に関する資料を収集し、保管し、展示して教育的配慮の下に一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーション等に資すために必要な事業を行い、あわせてこれらの資料に関する調査研究をすることを目的とする機関である。(「博物館法」第二条)。
 博物館の運営にあたる専門職員が博物館学芸員です。学芸員は専門的な知識と、文化・社会・自然・芸術について幅広い教養を備えて いなければなりません。本課程は、この目的にそって定めた資格取得のための課程です。
 2012年度から博物館法改正に伴い、博物館学芸員資格科目及び履修方法に変更がありました。オリエンテーション及び掲示板等での案内をよく確認してください。2012年度以降の入学生、科目等履修生、編入学生は新カリキュラムが適用されます。2011年以前に入学した学生については、現在適用されているカリキュラムが卒業時まで適用されます。

 
(1) 授業科目 2015年度入学者より適用
区分
授 業 科 目
単 位
週時間
受講年次
備 考








 
博物館概論
博物館経営論
博物館資料論
博物館資料保存論
博物館展示論
博物館情報・メディア論  
博物館実習I
集中
博物館実習II
集中
生涯学習概論 共通科目
博物館教育論
 
博物館学評論  2   2 2・3・4   
博物館学史  2  2  2・3・4  
考古学概論
社会文化学科専門科目
考古学概論2

文化史I

文化史II

芸術学I
1・2・3・4
共通科目
芸術学II
1・2・3・4
自然科学概論I
1・2・3・4
共通科目の自然環境科目群のうち 「化学I・II」「数学I・II」「統計学I・II」「自然環境課題研究I・II」 を除いた各科目及び共通科目沖縄関係科目群のうち 「沖縄の自然環境I・II」 を 「自然科学概論I・II」 に読み替えることができる。
自然科学概論II
1・2・3・4



民俗学概論
社会文化学科専門科目
文化人類学概論
南島民俗学史I
南島民俗学史II
民俗学概論と文化人類学概論、若しくは南島民俗学史I・IIをセットにして2科目4単位以上を選択必修
 (2) 履修方法
    1.「博物館実習II」(館務実習)を受講するためには、「博物館実習I」と指定科目を受講済でなければならない。
    2.「博物館実習II」は博物館法に基づいて本学が指定した博物館等の施設で行う。
 
(3) 受講者
   1. 本学の全学部全学科在学生。
   2. 科目等履修生の受講を認める。(受入の際は審査する)。
 
(4) 証明書
   上記の授業科目を履修した者に対し博物館学芸員資格取得証明書を交付する。
 
(5)     その他(注1)
   自然科学概論I・IIの読み替えのうち、原則として同一科目名のI・IIの組み合わせで履修すること。
   (例)○「沖縄の自然環境I」「沖縄の自然環境II」
      ×「沖縄の自然環境I」「生物学II」
 
 



 






ページの先頭へ戻る